挙頭望名月

アクセスカウンタ

zoom RSS 榊原温泉

<<   作成日時 : 2017/03/20 21:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 万葉の時代京から伊勢参りの途次都人が立ち寄ったといわれる榊原温泉。
 平安時代清少納言が枕草子に「湯はななくりの湯、有馬の湯、玉造の湯」と謳っているが、そのななくりの湯榊原温泉に一夜泊まった。
 節分前だったが意外に泊り客少なく静かな夜だった。その宿は娘夫婦が偶にゆくゴルフ場のロッジ、瀟洒な室内はなかなか快適で、かけ流しの内湯があり、いつでも自由気ままに浸かれ好都合。泉湯なめらかで湯中腕をさするとツルツルと快よい。
 そこで当夜は幾度か起き長湯三昧、日頃難渋している腰痛を労わった。
画像

 ロッジのテラスすぐ前にアウトのスタート地点があり、真東にむけてパー4のコースになっており、ティーアップがすぐ真ん前。
 ゴルフ好きなら得も言えぬだろうが生憎老輩はゴルフに全く無縁ゆえ、ただただ「眺望ひらけ明るいなぁ」と感心するだけ。
 だが明けて早朝グリーン方向彼方遠く朝日が昇るのを眺め、その見事さに見惚れた。
画像

 その後ロッジから数十米離れた本館内レストランに食事に向かったが、広場から西方遥か笠取山系と思しき山脈遠くに風力発電の風車が並ぶ風景が眺められ、「ああ、今朝も元気に起きられよかった」とほっと一息。(2013年2月4日記)

 ・・・寒気去るやまなみ遥か風車の景・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
榊原温泉 挙頭望名月/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる